川崎市溝の口のピアノ教室 ごく普通のご家庭のごく普通のお子さんもコンクールに入賞できる

● 川崎市溝の口のピアノ教室 ごく普通のご家庭のごく普通のお子さんもコンクールに入賞できる

こんにちは、春木麻紀子です。

先日のブログからのお話しなのですが。

むかーしむかし、といっても4年程前のことです。

当時小学校1年生の女の子、小学校5年生の男の子の生徒さん。

ごくごく普通のご家庭の普通のお子さん達です。



彼らのママも最初は、

・うちの子、別にピアニストにさせるわけでもないですから

・音大とか全く考えていないです ・楽しくピアノを教えてもらえたらいいです。

と、皆さんとおんなじ事を言っていました。

でも、最初からアコースティックピアノをご用意されました。

早いうちから本物で練習させて、さっさと上手にしてしまいたい!というお気持ちからです。

続けないなら売ればいい、と。

とても賢い選択だと思います。 それでどうなったかというと・・・ いやはや、コンクールで賞をバンバンとり始めましたよ。

小1の女の子は、年長さんでピアノを始めて8か月のことでした。 お二人とも、お教室で特別なことはしていません。

お教室のみんなと同じ教材で、同じ方法で、毎日15分練習していただけです。

今ではピアノはその生徒さん達の特技となって、コンクールの結果も持っているので、ゆるぎない自信となっています。

みんなと同じ考え、同じ目線、同じスピード感で居たら、安心はするけれども結果はみんなと同じです。

どうしたら、みんなより、良い結果を出せるのか・・・

答えは簡単。

みんなと違う選択をしたら、良いのですよ。

思い切って、「損して得とれ」です(笑)

4回の閲覧0件のコメント