川崎市溝の口ピアノ教室では、子供の自立を促します。

● 川崎市溝の口ピアノ教室では、子供の自立を促します。

こんにちは、春木麻紀子です。

ピアノを習うと、賢くなる。

最近、本当に思っていることです。

レッスン回数10回を超えてくると、レッスンを自分事と捉えているお子さんは、何をすべきかわかってくるので真剣さが違います。

一字一句、聞き逃しはしない!という気合を感じます。



自分で楽譜に書き込むし、わかるまで質問するし、自分の言葉に言い換えて確認してきます。

私のお教室では、5歳あたりから、その傾向が見えます。

反対に、自立をしていないお子さんは、他人事のようにして、待っているばかりです。

この違いは、周りの大人の関りではないでしょうか。

お教室にきたら、どんなに幼くても自分のことは自分でします。

あくまで私はサポートです。

自分でできるようになってほしいから。

何をするにも、自分でやるためには工夫が必要ですから、頭を使います。

ピアノ教室で、そこまでやる?ということ、私のお教室ではずっとやっています。

自立をして初めて、ピアノもお勉強もできるようになっていくのですよ。

グレード試験も、コンクールも、中間期末テストも、受験も、誰のために誰がやるのですか?

自分の為に、自分がやるんです!

だから、早いうちから自分の為に自分でやる力を身に付けましょう。

レッスンでは、どんな小さな子も、一人で準備をします。

大きいもの、重いものを動かすときはサポートします。

でも、生徒さんが突っ立って、先生が用意する様子を眺めているという風景は、ここにはありません。

必ず手伝わせます。

もちろん、とっても時間がかかります。

私がやった方が圧倒的に早いです。

でも、私がやったら、いつまでもできない子です。

子育ても同じです。

手だし、口出し、たくさんしていませんか?

「信じて待つ」は本当に親としてはもどかしく、この上なく辛いことだと思いますよ。

でも、それをしてあげることが、お子さんの未来を明るくすることだと思っていますし、そうしてきました。

そして、ご賛同くださる方が、今までにご入会され、大きくなった生徒さん達は、自分の信じた方法で人生を歩んでいます。

ぜひ、ピアノで自分で最初から最後までやり切る力を、幼い時からつけてください。

当教室は、ピアノを通して、お子様の成長を全面バックアップしています。

6回の閲覧0件のコメント